クラシック音楽 CD蒐集の道



ブラームス「交響曲第2番ニ長調」ムラヴィンスキー指揮、レニングラードフィル

ブラームスは、激することが少ない、控えめで抑制のきいた、しかも弦楽器の分厚い響きを聴かせてくれる音楽家という認識が私にはあり、チャイコフスキーやドウォルザークとは対極的です。白状すると、やっと最近になって聴くことが増えてきました。
これは77年、日本でのライブ録音です。やはり幾重にも積み重ねられたような弦楽器の響きが美しく、とくに第2、第3楽章が好きです。
併録のニュルンベルクのマイスタージンガー前奏曲は、ライブ感とキンキラ感が同居していて、こちらもGOODです。☆☆☆
[PR]
# by leica_summaron | 2006-02-16 23:23 | 交響曲

ブルックナー「交響曲第4番変ホ長調」ヴァント・ギュンター指揮、ベルリンフィル

f0050730_23493315.jpg山道を小またで、歩幅が靴の長さくらいで、一歩ずつゆっくりと、丹念に踏みしめて確実に上っていくという演奏です。たとえは適切でないかも知れませんが、大蛇が草むらをゆっくりと這っているいる感じです。
弱音から急に大きな音を出すところ、こういうところがピタッと揃っていればもっと精密感があって、打ち拉がれてしまうでしょう。それはご愛嬌。
第4楽章の23分45秒あたりからフィナーレまでずっと、ホルンとクラリネットの陰で弦楽器が長いスパンでクレッシェンドして、地味ながら確実に拍子を刻んでいるのが聞こえるのですが、怨念がこもっているようで恐ろしいです。☆☆☆☆☆
[PR]
# by leica_summaron | 2006-02-08 23:50 | 交響曲

シベリウス「交響曲第2番 ニ長調」セル・ジョージ指揮、クリーブランド管弦楽団

f0050730_23242614.jpg冬の夜は、温かい食べ物は格別。何故かほっとしますね(^o^ )。たとえそれがひとり社宅で食べるコンビニおでんであっても。
さてシベリウスの第2です。第1楽章はピチカートが、ひとりひとり何十分の1秒と違わない正確さで弦を弾いていって、まるで1人で演奏しているかのように感じるところが2カ所あります。第2楽章は高らかなファンファーレも含めてトランペットの音色が妙に悲しげです。それまでの内省的な響きは第4楽章で解放と転落が繰り返され、フィナーレに向かってグングンと盛り上げられていきます。
ライブ版だから仕方ないのですが、このCDの困ったところは、私は余韻に浸っていたいのに、聴衆の皆さんが狂ったようにすぐに拍手を始める事です。☆☆☆☆
[PR]
# by leica_summaron | 2006-01-31 23:27 | 交響曲

チャイコフスキー「交響曲第6番ロ短調 悲愴」ムラヴィンスキー指揮、レニングラードフィル

作曲者のチャイコフスキーは躁うつ気質なのかと以前から思っていましたが、この曲を聴いて思いはさらに強くなりました。
第1楽章の9分過ぎ、クラリネットの幽かなソロに続いて、ドカンと大きな音で脅かされます。(ところで、この直前に「パラパラッ」とちょっとした雑音が聴こえるのですが、あれは何でしょう。)
第3楽章は華々しく終わるのに、第4楽章は悪く言えば尻切れとんぼ、よく言えば霧の彼方へ消え入るように終わります。やはり分裂気味なのかなぁ?!
さて演奏はといえば、切れ味鋭い妖刀で、厳しさが心地よく感じるところがあります。録音は1960年と古いのですが、音質はよく、立体感もあります。☆☆☆☆
[PR]
# by leica_summaron | 2006-01-24 22:50 | 交響曲

ベートーヴェン「ヴァイオリンソナタ第9番」クレーメル・ギドン(v)、アルゲリッチ・マルタ(p)

f0050730_839172.jpgこのCDのジャケットは肝っ玉母さんといたずら小僧という感じです。
「きんと雲」に乗った孫悟空がいくら遠くに飛んで行ったつもりでも、結局はお釈迦様の手の中だったといいますか、この演奏は、クレーメルがアルゲリッチにのせられてどんどん突っ走って行きます。余裕のピアノと切羽詰まったヴァイオリンが対照的です。始まるとすぐにクレーメルはハイテンションになりますし、初めて聴いたときはいつか途中で「プチッ」と切れるんじゃないかと心配になりました。こんなスリリングな演奏は他に知りません。
ヴァイオリンの音色が辛めにしまっているのはさすがです。☆☆☆☆
[PR]
# by leica_summaron | 2006-01-23 23:42 | 室内楽・器楽曲

ホルスト「惑星」ボールト指揮、ロンドンフィルハーモニー管弦楽団

f0050730_8363646.jpgこの組曲を初めて聴いたのは誰の演奏だったか、今となっては知る方法はありません。とにかく中学の音楽の授業で「レコード鑑賞」したのが初めてです。第1曲「火星」と第4曲「木星」だったはずです。
私はブラスバンドでホルンを吹いて、その頃から音楽自体は好きでした。しかしシンフォニーはしかつめらしくて退屈で、音楽の授業で他に何を聴いたかは全く覚えていません。
ところでこの惑星ですが、レポーターの彦麿呂さん流に書きますと、「音の宝石箱やぁ〜っ」ということになりますでしょうか。☆☆☆☆
[PR]
# by leica_summaron | 2006-01-23 23:41 | 管弦楽曲

モーツアルト「ピアノ協奏曲第24番ハ短調」内田光子(P)、ザンデルリンク・クルト指揮、ベルリン交響楽団

f0050730_8325570.jpgピアノはカデンツァなどを除いて、全体に激することなく、柔らかいタッチで静かに弾かれていきます。第2楽章は特に静かにゆっくりと進むので、演奏者の緊張が余計に伝わってきます。しかし第3楽章の出だしは一瞬緊張が切れたような違和感を感じました。やや残念です。
さて、この曲のもう一つの主役は木管です。特に第2楽章などはフルート、オーボエ、ファゴットがピアノと対等以上に演奏しています。強いて難点を上げれば、クラリネットの音色が固く、でしゃばっていることでしょうか。
重箱の隅をつつくようなことをくどくどと書きましたが、それ以外はフェイヴァリットな演奏です。☆☆☆☆
[PR]
# by leica_summaron | 2006-01-23 23:40 | 協奏曲

ブルックナー「交響曲第7番」ヴァント・ギュンター指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

f0050730_23171431.jpg今日は12月にしてはとても寒く、東京へ向かう新幹線の車窓から富士山がはっきり見えます。社内でiPodで聴いています。
さて、ブルックナーを最初に聞いたとき、正直に言いますと、もてあましました。明確なメロディが聞き取れず、同じことを何度もクネクネ、くどくどとと繰り返す、長いだけの曲に思え、食傷気味でした。そのCDはほとんど聴かなくなり、ブルックナーの別の曲を手に入れようとは思いませんでした。
しかし何かでヴァントの評判を知り、手に入れたのがこのCDです。やはりもてあまし気味でしたが、アルプス、峰を照らす夕日、麓の牧場と草原を思い浮かべ、ドップリつかってしまうと、もう抜けられません。
ただし第4楽章の始めは拍子抜け。ヴァントのせいではないけれど。☆☆☆☆☆
[PR]
# by leica_summaron | 2006-01-23 23:18 | 交響曲

フォーレ「エレジー」トルトゥリエ(ce)

f0050730_2313205.jpg「エレジー」は日本語では悲歌とか哀歌というらしいです。
部屋のスピーカーに向かいながら、作曲者、それから演奏者の悲しみは何だろうと考えてみました。
このCDを買ったのは12月9日。ショップに流れるクリスマスソングは暖かい部屋での一家団欒を連想させます。ところでさっき独りで晩飯にラーメンを食べに行ったとき、僕は家族と離れて何をしているんだろうと思ったけれど、「エレジー」は単身赴任サラリーマンの孤独とはちょっと違うようだ。☆☆
[PR]
# by leica_summaron | 2006-01-23 23:14 | 室内楽・器楽曲

シューベルト「交響曲第8番 未完成」ケルテス・イシュトヴァン指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

f0050730_2310112.jpg「未完成」は私が中学時代、ブラスバンドでホルンを吹いていたとき、コンクールの課題曲になっていたので、思い入れのある曲です。始めのコントラバスはブラス版ではチューバが、弦の刻みはクラリネットに代っていたように記憶しています。
始まりのコントラバスの音はきわめて微かですから、これを聴くためには部屋を閉め切って集中しなければいけません。
全体に弦も管楽器も音がしなっているように聴こえます。☆☆☆
[PR]
# by leica_summaron | 2006-01-23 23:11 | 交響曲


クラシック音楽CDの愛聴版を紹介します。じっくりと聴いて、1週間に1枚くらいのペースでレビューしていきます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Leica_Summaronのプロフィール
今から??年前、中学のブラスバンドでホルンを吹いていました。ですからCDを聴くと、弦楽器やピアノよりも金管楽器が気になります。
愛機はミニコンポとiBOOK+iPod、オーディオマニアにはほど遠い?!
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
Hi people! I..
by after bacruptcy at 17:50
芸能人のマル秘DVDなら..
by オシエモン at 11:52
最新のトラックバック
faire mariag..
from faire mariage ..
eric farr
from eric farr
yamaha xjr13..
from yamaha xjr1300..
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
rotator cuff..
from rotator cuff s..
arabic video..
from arabic video c..
adult chat c..
from adult chat cyb..
wild college..
from wild college g..
doctor jones
from doctor jones
labyrinth la..
from labyrinth layo..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧